案内

それぞれの専門家

専門家

弁護士や司法書士、行政書士、税理士は法律上のあれこれを一般の人に変わって手伝う業務です。あくまでも当事者の問題なので本人の意思が尊重され、相談を親身になって受けてくれます。しかし、大多数の人が法律関係のことにおいては知らないことが多く、何をどうしたら良いのかが分からないのも珍しくありません。本人がどうしたいか如何に関わらず、法律が決める部分も大きいですので、まず分からないことがあれば相談をすることが大事です。それぞれが法律や税のプロではありますが、相続税対策や離婚相談など、請け負う業務は異なってきます。税理士にはもちろん離婚の相談をすることはできないという基本的なことを知っておくと良いです。公認会計士や税理士は企業や個人の会計業務や相続対策のことについて詳しく、弁護士は不動産関係や離婚、社内規程に関わることについて広く相談できます。

司法書士は法律手続きの代行、書類作成が主な業務となります。請け負う相手は個人から企業まで幅広くあります。もちろん刑事事件や離婚相談をすることはできないのでそれは把握しておきましょう。法律の書類作成はとても複雑で、法律関係に明るくない人にはとても処理できません。弁護などはできませんが、司法書士は弁護士と同じように、簡易裁判での訴訟代理手続きを請け負う業務もあります。司法書士でもこれほど広い業務があるので、弁護士はもっと広い業務をもっています。それぞれのもつ業務へ理解をすることは、それを利用する私達のためにもなるのです。

なるべく早めに対策する

相談

もし離婚を考えているのであれば、できるだけ早めに弁護士に相談した方が得策だといえます。周囲の人に相談するのも良いですが、協議や調停となった場合は弁護士の力が必ず必要になってきます。

詳細を確認する...

事務所によって違う

弁護士

埼玉で何か法律に関するトラブルが起きた場合、すぐに弁護士事務所に相談を持ちかけることが大事です。早めに相談することが大事ですが、専門分野によって選ぶことも重要な取り組みになってきます。

詳細を確認する...

税理士の力借りる

税理士

相続対策を税理士に依頼すれば、相続税対策はバッチリうまくいきます。税理士に相談するのはなるべく早目が良いです。税は毎年かかってくるものなので、前年度やそれ以前の対策が必要なのです。

詳細を確認する...